スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鑑賞会参加者の写真2

(※リンクはトップページの「白石の鼻」研究レポート 目次に張って下さるようお願いします。) 

推奨記事 ★秋の夕日の鑑賞会 9月20日報告!

推奨記事 ★冬の夕日の鑑賞会(保全への想い)

推奨記事 ★eブックランドより電子出版★ 

------------本日の記事はここから---------------- 

鑑賞会に来ていただいていた自然散策のjikatabiarukiさんが3/24に撮影された白石の鼻の夕日をアップされていましたので転載させていただきました。
詳細は下記ブログで。
http://jikatabiaruki.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/post-a7d6.html

三ツ石(白龍石)の空洞に光る海面反射を捉えています。
これは、山の端や建物の端などに太陽がかかる時、太陽光線がスター状に散乱するリムフラッシュという現象だと思います(たぶん)。

肉眼で見るとより一層神秘的だったでしょう。

ただただ、眺めているだけで癒されます。(笑い)

09_0324_1.jpg
(太陽光の中にカモメが佇んでいるのがまた、神秘的です)

09_0324-2.jpg


09_0324_3.jpg


s2008_0919.jpg
(私が2008/9/19に撮影した写真)







<研究活動支援のお願い
ブログの趣旨にご賛同いただけ、研究活動をご支援いただける方は、右のアフィリエイト広告を1クリックしていただけるとうれしいです。3~4円になります。情報収集、情報発信など研究活動資金に使わせていただきます。m(_ _)m
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

最新記事
プロフィール

篠澤邦彦

Author:篠澤邦彦
 H20.1月に偶然、通りかかった瞬間に「白石の鼻」の巨石がオーパーツであると直感。その後、集中的に調査・研究し、春分(秋分)、夏至、冬至の二至二分の夕日のラインと巨石群が整列することを実証。秋分の3日前に地元住民等と協力して「秋の夕日の鑑賞会」、12/14に「冬の夕日の鑑賞会」を成功させる。9/27にイワクラミット(神戸)にて研究レポートを報告。歴史研究会12月号「白龍石の謎」が掲載される。現在、「白石の鼻」巨石文化の可能性について研究・情報発信・普及に努めている。
モットー「固定観念をぶっ飛ばせ!」

郷土史研究家
(主に先史時代の巨石文化について探求しています)
全国歴史研究会会員
イワクラ学会会員

カテゴリ
FC2カウンター
★アフィリエイト広告★
★アフィリエイト広告★
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
最新コメント
オリジナル商品
「白石の鼻巨石群」の書籍・ポストカードetc
CM1
【送料・代引手数料無料】【SALE】eTrex Ve

【送料・代引手数料無料】【SALE】eTrex Ve

価格:26,460円(税込、送料込)

CM2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。