スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

eブックランド社より自費出版!

(※リンクはトップページの「白石の鼻」研究レポート 目次に張って下さるようお願いします。) 

推奨記事 ★秋の夕日の鑑賞会 9月20日報告!

推奨記事 ★冬の夕日の鑑賞会(保全への想い)

------------本日の記事はここから----------------

本日、eブックランド社より念願の自費出版本を電子出版することが出来ました。
ブログで今まで書いてきた内容に推敲を繰り返し加筆・修正しています。

EBLF9030300.jpg


今まで、鑑賞会や勉強会活動、調査活動、広報活動に協力いただいた地域の皆様どうもありがとうございました。

そして出版を手伝っていただいたeブックランド社の横山社長、編集の藤宮様大変、ありがとうございました。
短期間な時間の制約の中で、我儘な要求も多かったと思いますが、満足行く出来に仕上がったと思います。

皆様のご協力の結果、一つの成果を世に問いたいと思います。

白石の鼻は古代の天体観測施設である」ということを。。


目次は以下となります。
是非、ご一読いただければ幸いです。
(購入はeブックランド社ホームページよりできます。価格は525円です。※販売代金は紙本への自費出版費用約50万(300部)や研究調査費用に活用させていただきます)

eブックランド横山社長のブログに取り上げていただきました。(3/5追記)

第一部.古代の天体観測施設としての可能性

●第一章 オーパーツ~春分の日

第1節 オーパーツとしての気づき
第2節 仮想的なライン~太陽のヒント
第3節 巨大な亀と「光の通り道」
第4節 古代の東西の天体観測施設~二見ケ浦 
第5節 日本一の夕日の町 双海シーサイド公園 
第6節 三月二十日 春分の日
第7節 捉えていた微かな光
第8節 龍が昇る道

●第二章 極秘調査

第1節 白龍石へ続く波止場?
第2節 机上計算
第3節 夏至の日
第4節 専門家とのコンタクト
第5節 白龍石に渡る!  
第6節 「三角錐の要石」の発見
第7節 台座構造
第8節 完璧に三角形に切り出し石
第9節 オレンジ色のライン
第10節 意図的な設計の後
第11節 どこまでも続くライン
第12節 人工的な加工の足跡
第13節 潮の干満
第14節 潮流 


●第三章 普及活動への道のり

第1節 固定観念の呪縛 
第2節 夕日の鑑賞会の参加者の募集
第3節 9月20日 夕日の鑑賞会
第4節 研究会等への入会
第5節 イワクラサミットへ参加
第6節 ギャラリー企画「太陽」展
第7節 月による観測
第8節 冬至の夕日のラインの解明
第9節 雑誌「歴史研究」への掲載
第10節 冬の夕日の鑑賞会の開催
第11節「科学的思考」って何?
第12節「白石の鼻」の全体構成
第13節 観える人・観えない人・観えようとする人
第14節 まとめ

第二部 「白石の鼻」から視えるもの

●第一章 世界・日本の類似遺跡

第1節 サクサイワマン
第2節 ストーンヘンジ
第3節 唐人駄馬・足摺トオルマ洞門
第4節 金山巨石群

●第二章 縄文海水面

第1節 航空写真からでも見える巨石
第2節 縄文時代の海水面

●第三章 古代の伝承と神々の系譜

第1節 道後邑有温泉
第2節 高浜邑
第3節 高浜者缶也
第4節 其龍化為石
第5節 海幸彦・山幸彦
第6節 小千命の大楠




-------<参考>-------------------
試しに自分で購入して見ました。
以下、私が購入した際に気をつけておいたら良いと思う点です。
(購入時の注意点はeブックランド社のホームページをご覧下さい。)


電子本のファイル形式は著作権を保護したPDFファイル方式のKeyringPDFファイル方式です。
パソコンで閲覧するタイプです。印刷やコピーはできません

●閲覧ソフトのインストール

閲覧するためのKeyringPDFクライアントソフトのインストールが必要です。
・eブックランドのホームページからダウンロードできます。
・ダウンロードの際はブラウザ(閲覧ソフト)はマイクロソフトのIE6、IE7が良いようです。
(私はIE7でダウンロード、インストールできました。)
・インストールする際に、セキュリティソフトから何回か警告が出ますが必要なインストールなのでOKで良いです。

●支払い
購入は会員登録も必要なく非常に簡単です。
価格は税込み(525円です)

・クレジットカード払いができます。
(一部の電子マネーにも対応しているようですが、私はクレジットカード払いで簡単に購入できました。)
・メールアドレスの登録は必要です。
(購入情報とかがメールで送付されてきます。大切に保管してください。)

●その他
・電子本をダウンロードして最初に閲覧する時に、ファイルのバックアップ(コピー)を聞いてきます。
誤って削除したりしなよう安全のために、バックアップは必ずとっておいてください。
・電子ファイルはパソコンで見るように最適化されています。
「しおり」からダイレクトに該当のページに飛んだり、自分が見やすいように拡大・縮小できます。
(私は17インチの画面で109%の倍率が一番、見やすいです。)






スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメント

非公開コメント

最新記事
プロフィール

篠澤邦彦

Author:篠澤邦彦
 H20.1月に偶然、通りかかった瞬間に「白石の鼻」の巨石がオーパーツであると直感。その後、集中的に調査・研究し、春分(秋分)、夏至、冬至の二至二分の夕日のラインと巨石群が整列することを実証。秋分の3日前に地元住民等と協力して「秋の夕日の鑑賞会」、12/14に「冬の夕日の鑑賞会」を成功させる。9/27にイワクラミット(神戸)にて研究レポートを報告。歴史研究会12月号「白龍石の謎」が掲載される。現在、「白石の鼻」巨石文化の可能性について研究・情報発信・普及に努めている。
モットー「固定観念をぶっ飛ばせ!」

郷土史研究家
(主に先史時代の巨石文化について探求しています)
全国歴史研究会会員
イワクラ学会会員

カテゴリ
FC2カウンター
★アフィリエイト広告★
★アフィリエイト広告★
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
最新コメント
オリジナル商品
「白石の鼻巨石群」の書籍・ポストカードetc
CM1
【送料・代引手数料無料】【SALE】eTrex Ve

【送料・代引手数料無料】【SALE】eTrex Ve

価格:26,460円(税込、送料込)

CM2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。