スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「宮前文化遺跡を守る会」勉強会を実施!

(※リンクはトップページの「白石の鼻」研究レポート 目次に張って下さるようお願いします。) 

推奨記事 ★秋の夕日の鑑賞会 9月20日報告!

------------本日の記事はここから----------------

2/21に「宮前文化遺跡を守る会(中西智会長)」で勉強会を実施しました。

「白石の鼻の巨石遺構」についてその天体観測施設としての可能性を写真や図、ビデオを用いながら60分程、説明しました。

江戸時代の古文書「伊予古蹟志」の解釈や
新たに調査・研究している日本神話との関わり

なども説明しました。

会の方から、新たに伺った話によると。。


・「白石の鼻の龍神社と興居島の祠を大蛇が行き来している」と子供の頃に祖父から話を聞いたことがある。
(年齢から考えててお爺さんはは江戸時代うまれくらいか?)
・白石の鼻周辺は暗礁が多く、漁船のプロペラをやられた。
(今も昔も、海の難所です。)


恐らく祠というのは、興居島の岩神神社のことだと思います。
大蛇(龍)が行き来しているというのは朝日、夕日の太陽光が海に反射している様子ではないでしょうか?

とすると、龍神社の真西に岩上神社の場所が重要ですね。
今度、興居島に渡ってみたいと思います。


上記のように私の対応できる範囲で、「白石の鼻の巨石遺構」の語り部活動を実施しています。

ご希望の方はメールフォームからご連絡ください。

(ビデオを閲覧している様子)
s_2009_0221_宮前2
※プライバシーに配慮し画像は縮小サイズにしています。

s_2009_0221_宮前1



<研究活動支援のお願い
鑑賞会の周知や勉強会の開催など、地域のいろんな方に様々な形でご支援をいただいています。
ブログの趣旨にご賛同いただけ、研究活動をご支援いただける方は、右のアフィリエイト広告を1クリックしていただけるとうれしいです。3~4円になります。情報収集、情報発信など研究活動資金に使わせていただきます。
m(_ _)m






スポンサーサイト

テーマ : 歴史大好き!
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

非公開コメント

最新記事
プロフィール

篠澤邦彦

Author:篠澤邦彦
 H20.1月に偶然、通りかかった瞬間に「白石の鼻」の巨石がオーパーツであると直感。その後、集中的に調査・研究し、春分(秋分)、夏至、冬至の二至二分の夕日のラインと巨石群が整列することを実証。秋分の3日前に地元住民等と協力して「秋の夕日の鑑賞会」、12/14に「冬の夕日の鑑賞会」を成功させる。9/27にイワクラミット(神戸)にて研究レポートを報告。歴史研究会12月号「白龍石の謎」が掲載される。現在、「白石の鼻」巨石文化の可能性について研究・情報発信・普及に努めている。
モットー「固定観念をぶっ飛ばせ!」

郷土史研究家
(主に先史時代の巨石文化について探求しています)
全国歴史研究会会員
イワクラ学会会員

カテゴリ
FC2カウンター
★アフィリエイト広告★
★アフィリエイト広告★
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
最新コメント
オリジナル商品
「白石の鼻巨石群」の書籍・ポストカードetc
CM1
【送料・代引手数料無料】【SALE】eTrex Ve

【送料・代引手数料無料】【SALE】eTrex Ve

価格:26,460円(税込、送料込)

CM2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。