スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

謹賀新年

新年、明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

昨年、8ヶ月間、超極秘で調査してきた「松山・白石の鼻」巨石群について巨石文化の可能性を9月より情報公開して来ました。

いかがでしたでしょうか? ^^;;;

今年は、より一層、地に足を着けた活動(地域密着型活動)、そして他の研究機関との連携を図りたいと考えていますのでよろしくお願いいたします。

初詣も当然、龍神社にも行きました。目茶寒かったです。^^;;

個人的にはこの地域で安全に住まわせていただいている氏神神社の一つとして崇敬しています。

さて、ブログの情報ですがかねてより公開していましたFC2動画のオリジナルコンテンツの「秋の鑑賞会」の動画コンテンツが1/1に目標としていた100ユーザ突破しました。(^^)/


FC2動画は、同じ人が閲覧してもカウンタが上がらないようなので100人閲覧していただいことになります。ユーチューブにも同じ動画をアップして30人以上閲覧されていますので、かなりの数がみていただいたことになります。

インターネットという奇跡のインフラが無ければ、個人でここまで情報の配布は困難だったでしょう。

時代は個人が情報発信できるツールを提供してくれるようになりました。

後は個人のアイデアと行動力が大切ではないでしょうか?

今年もエネルギッシュに行動したいと思います。

お薦めの動画コンテンツを再掲します。



2008_白石の鼻・秋の夕日の鑑賞会



2008_白石の鼻・冬の夕日の鑑賞会



マヤ・チチェン・イツァのピラミッド






スポンサーサイト

テーマ : 歴史大好き!
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

非公開コメント

最新記事
プロフィール

篠澤邦彦

Author:篠澤邦彦
 H20.1月に偶然、通りかかった瞬間に「白石の鼻」の巨石がオーパーツであると直感。その後、集中的に調査・研究し、春分(秋分)、夏至、冬至の二至二分の夕日のラインと巨石群が整列することを実証。秋分の3日前に地元住民等と協力して「秋の夕日の鑑賞会」、12/14に「冬の夕日の鑑賞会」を成功させる。9/27にイワクラミット(神戸)にて研究レポートを報告。歴史研究会12月号「白龍石の謎」が掲載される。現在、「白石の鼻」巨石文化の可能性について研究・情報発信・普及に努めている。
モットー「固定観念をぶっ飛ばせ!」

郷土史研究家
(主に先史時代の巨石文化について探求しています)
全国歴史研究会会員
イワクラ学会会員

カテゴリ
FC2カウンター
★アフィリエイト広告★
★アフィリエイト広告★
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
最新コメント
オリジナル商品
「白石の鼻巨石群」の書籍・ポストカードetc
CM1
【送料・代引手数料無料】【SALE】eTrex Ve

【送料・代引手数料無料】【SALE】eTrex Ve

価格:26,460円(税込、送料込)

CM2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。