スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストーンヘンジ-1

(※リンクはトップページの「白石の鼻」研究レポート 目次に張って下さるようお願いします。) 

推奨記事 ★夕日の鑑賞会 9月20日報告!

----------本日の記事はここから--------------------

白石の鼻の巨石遺構と世界的に有名な先史遺跡とベンチマーク(比較)することでその特徴ををより明らかにしていきたいと思います。

また、他の調査方法や気づきのヒントがあるかもしれません。

まず、世界で最も有名な先史時代の遺跡、イギリスのストーンヘンジです。

「世界不思議発見」の映像を参考に見てみたいと思います。

ストーンヘンジの巨石は高さ4.5m、重さ約30トンと言われています。




白石の鼻の白龍石(はくりゅういし:仮称)を構成している一番大きな石と高さは同じくくらいだと思いますが、幅や厚みから考えて3倍以上はあると思います。
やっぱり100トンは超えていると考えます。

巨石-1

周りのサークルを構成している巨岩は大砂岩で、サークルの中央にある比較的小さいブルーストーンは粗粒玄武岩で約350km離れたウェールズから運ばれたとされています。


ストーンヘンジは、一般的には直立巨石が紀元前2500年~2000年前(約4500~4000年前)、周りを取り囲む土塁と堀は紀元前3100年前(約5100年前)と推定されています。
(Wiki参照)


そして、ストーンヘンジのサークルの中では、ダウジングにより何らかのパワーがあることが確認されているのです。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

最新記事
プロフィール

篠澤邦彦

Author:篠澤邦彦
 H20.1月に偶然、通りかかった瞬間に「白石の鼻」の巨石がオーパーツであると直感。その後、集中的に調査・研究し、春分(秋分)、夏至、冬至の二至二分の夕日のラインと巨石群が整列することを実証。秋分の3日前に地元住民等と協力して「秋の夕日の鑑賞会」、12/14に「冬の夕日の鑑賞会」を成功させる。9/27にイワクラミット(神戸)にて研究レポートを報告。歴史研究会12月号「白龍石の謎」が掲載される。現在、「白石の鼻」巨石文化の可能性について研究・情報発信・普及に努めている。
モットー「固定観念をぶっ飛ばせ!」

郷土史研究家
(主に先史時代の巨石文化について探求しています)
全国歴史研究会会員
イワクラ学会会員

カテゴリ
FC2カウンター
★アフィリエイト広告★
★アフィリエイト広告★
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
最新コメント
オリジナル商品
「白石の鼻巨石群」の書籍・ポストカードetc
CM1
【送料・代引手数料無料】【SALE】eTrex Ve

【送料・代引手数料無料】【SALE】eTrex Ve

価格:26,460円(税込、送料込)

CM2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。