スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野忽那島の巨石

(※リンクはトップページの「白石の鼻」研究レポート 目次に張って下さるようお願いします。) 

推奨記事 ★夕日の鑑賞会 9月20日報告!★


ブログを読まれた方から情報提供がありました。

旧中島町の野忽那島の野忽那漁港内にも、不思議な形状の巨石があるとのことです。

野忽那島の巨石

実物を見ていないので、何ともいえませんが積まれているようにも見えますね。

グーグルマップで場所をマッピングしました。

その他、旧北条スポーツセンターの近くの山に、「古代の灯台か?」と噂されている巨石があるとのこと。
(実は私は白龍石も異常に光を反射するということにも注目しています。)

岩城島の立石(メンヒル)や、大洲市の冨士山の山頂にも約2000年前に運ばれたとされる通称座禅石と言われる巨石があります。

それらは「どのようにして山上まで運んだのか?」「その目的は?」不明とされています。

現代の科学及び科学的思考と呼ばれるているものが、世界の全て・歴史の全てを解明できていると思うのは、単なる現代人の傲慢と私は思うのですが。。。(笑い)。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

最新記事
プロフィール

篠澤邦彦

Author:篠澤邦彦
 H20.1月に偶然、通りかかった瞬間に「白石の鼻」の巨石がオーパーツであると直感。その後、集中的に調査・研究し、春分(秋分)、夏至、冬至の二至二分の夕日のラインと巨石群が整列することを実証。秋分の3日前に地元住民等と協力して「秋の夕日の鑑賞会」、12/14に「冬の夕日の鑑賞会」を成功させる。9/27にイワクラミット(神戸)にて研究レポートを報告。歴史研究会12月号「白龍石の謎」が掲載される。現在、「白石の鼻」巨石文化の可能性について研究・情報発信・普及に努めている。
モットー「固定観念をぶっ飛ばせ!」

郷土史研究家
(主に先史時代の巨石文化について探求しています)
全国歴史研究会会員
イワクラ学会会員

カテゴリ
FC2カウンター
★アフィリエイト広告★
★アフィリエイト広告★
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
最新コメント
オリジナル商品
「白石の鼻巨石群」の書籍・ポストカードetc
CM1
【送料・代引手数料無料】【SALE】eTrex Ve

【送料・代引手数料無料】【SALE】eTrex Ve

価格:26,460円(税込、送料込)

CM2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。