スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

御礼!白石の鼻フェスティバル

2012白石の鼻フェスティバルにご参加いただきました皆様!
有難うございました。

第一部白熱教室では約50名の方が参加していただきました。

第二部では「まつやま俳句で町づくりの会」も参加していただき楽しく過ごすことができました。

天気が曇天であったため迫力ある夕日の光景は残念ながら観賞することはできませんでしたが、三ツ石や亀石の雄姿は堪能いただけたかと思います。

第一部の白熱教室はNPO海底遺跡研究会理事長・琉球大学名誉教授の木村政昭先生に基調講演をしていただきました。

地震・地質学者としての理論的背景や国の地震予知・防災政策に対する問題点など貴重な講演を聞くことができました。
与那国島海底遺跡の都市設計のあとなど壮大なお話も聞くことができました。松山という片田舎で世界的な先生の話を身近で聞くことができ、感謝に耐えません。


また、白石の鼻巨石群の特に亀石については、実地で花崗岩の石の目を検分いただき「自然の地形としては極めて考えられない。200%人工的なものである。」との結論をいただだき、勇気100倍といったところです。

当会にとりましは「遺跡」が遺跡となった日。という記念すべき日となりました。

これからもご指導を仰ぎながら、客観的なデータの蓄積を積み重ねて行きたいと考えております。

ご参加いただきました皆様も本当に有難うごじました。


松山・白石の鼻巨石群調査委員会事務局
篠澤邦彦 拝


●当日の様子など新聞記事に掲載された内容をご紹介します。

・愛媛新聞 夕日輝く古代ロマン(2012/9/23)
20120923_ehime_np.jpg

・読売新聞 「白石の鼻」古代人の暦(2012/9/23)

20120923_yomiuri_np.jpg

・毎日新聞 「古代遺跡できは」・・巨石群ロマン堪能(2012/9/23)
20120923_mainichi_np.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

最新記事
プロフィール

篠澤邦彦

Author:篠澤邦彦
 H20.1月に偶然、通りかかった瞬間に「白石の鼻」の巨石がオーパーツであると直感。その後、集中的に調査・研究し、春分(秋分)、夏至、冬至の二至二分の夕日のラインと巨石群が整列することを実証。秋分の3日前に地元住民等と協力して「秋の夕日の鑑賞会」、12/14に「冬の夕日の鑑賞会」を成功させる。9/27にイワクラミット(神戸)にて研究レポートを報告。歴史研究会12月号「白龍石の謎」が掲載される。現在、「白石の鼻」巨石文化の可能性について研究・情報発信・普及に努めている。
モットー「固定観念をぶっ飛ばせ!」

郷土史研究家
(主に先史時代の巨石文化について探求しています)
全国歴史研究会会員
イワクラ学会会員

カテゴリ
FC2カウンター
★アフィリエイト広告★
★アフィリエイト広告★
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
最新コメント
オリジナル商品
「白石の鼻巨石群」の書籍・ポストカードetc
CM1
【送料・代引手数料無料】【SALE】eTrex Ve

【送料・代引手数料無料】【SALE】eTrex Ve

価格:26,460円(税込、送料込)

CM2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。