スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生名島の巨石その2

2011白石の鼻・夏の夕日の観賞会のご案内

------------------------------------------------
生名島の立石山の中腹にあまり一般には紹介されていない磐座があります。

頂上の磐座は学術的に調査が進み弥生時代の高地性集落、祭祀跡であり文化財に指定されており結構有名です。

s_iwakura.jpg
(立石山の頂上の磐座に立つ調査委員会メンバー)

s_iwakura_2.jpg
(弥生時代の土器等が出土)


しかし、中腹の磐座の方が規模や恐らくそお機能から、個人的にはこちらの方が重要なのではないかと興味を持ちます。

立石山を麓から登り中腹に分かれ道で左行けば頂上の磐座へ、右へ行けば私が興味を持った磐座があります。

その磐座は、巨石群でよくあるパターンのドルメン風(組石)風になっており一種の岩屋を構成しています。

岩屋は後世に観音信仰の霊場とされ祀られています。

s_iwaya_1.jpg
(1段目の岩屋、開口部は真東を向いている)

s_iwaya_2.jpg
(2段目の岩屋は人工的な構造物に見える)

s_iwaya_3.jpg
(2段目の岩屋は人工的な構造物に見える)

s_iwaya_4.jpg
(2段目の岩屋前方から瀬戸内海の絶景。尾道の不動岩から尾道水道を見た風景と似ている。)

そして特徴的なのは、岩屋が2段構成になっているところが凄い特徴があります。

一段目の岩屋の天井石を2段目の岩屋の土台にして上の岩屋が構成されているという2階建ての岩屋なのです。

また、面白いのはGPSで各岩屋の座標を図りました。

頂上の磐座  北緯 34度16分51.5秒 東経 133度10分23.5秒
中腹の岩屋  北緯 34度16分51.6秒 東経 133度10分27.3秒
麓のメンヒル 北緯 34度16分49.2秒 東経 133度10分33.4秒


で頂上の磐座と中腹の岩屋は北緯が全く一緒であり、正確に東西線に並んでいます。

そして、岩屋の開口部は真東を向いているようでした。

春分秋分の朝日は岩屋の奥に差し込み観音像を照らすことでしょう。

<ブログを応援・推薦していただける方、下記の松山情報か歴史情報をポチっと !お願いします>
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・古代史へ
にほんブログ村






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

最新記事
プロフィール

篠澤邦彦

Author:篠澤邦彦
 H20.1月に偶然、通りかかった瞬間に「白石の鼻」の巨石がオーパーツであると直感。その後、集中的に調査・研究し、春分(秋分)、夏至、冬至の二至二分の夕日のラインと巨石群が整列することを実証。秋分の3日前に地元住民等と協力して「秋の夕日の鑑賞会」、12/14に「冬の夕日の鑑賞会」を成功させる。9/27にイワクラミット(神戸)にて研究レポートを報告。歴史研究会12月号「白龍石の謎」が掲載される。現在、「白石の鼻」巨石文化の可能性について研究・情報発信・普及に努めている。
モットー「固定観念をぶっ飛ばせ!」

郷土史研究家
(主に先史時代の巨石文化について探求しています)
全国歴史研究会会員
イワクラ学会会員

カテゴリ
FC2カウンター
★アフィリエイト広告★
★アフィリエイト広告★
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
最新コメント
オリジナル商品
「白石の鼻巨石群」の書籍・ポストカードetc
CM1
【送料・代引手数料無料】【SALE】eTrex Ve

【送料・代引手数料無料】【SALE】eTrex Ve

価格:26,460円(税込、送料込)

CM2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。