スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『神々の指紋』を読む1


 グラハム・ハンコックの『神々の指紋』は、学者ではないジャーナリスト出身の作家が書いたこともあり考古学会的にはどちらかというと”トンデモ説”として紹介されています。

でも、本当に世間が言うように夢うつつの御伽噺なのでしょうか。。

グラハム・ハンコックは与那国島海底遺跡の調査には考古学会が机上での偶然・自然にできたものであるとの批判をよそに、500回ダイビング(潜水調査)したのです。

3a4adde66afe0e7e0b614915d9e1e01c.jpg

どちらが真摯な対応でしょうか。

私も、評論家よりも行動家を心がけたいと思います(笑い)。


 さて、歴史好きの私でしたが、実は10年前に『神々の指紋』を購入しときんには、消化しきれずに読了できなかったのです。^^

難解な文章等もあるのですが、まず、歴史のスケールが他の書物とは違います。
通常、人間は西暦前後からの2000年くらい、もしくはエジプトやシュメール文明発生以後の5000年程度の物差ししか認識していないと思います。(それ以上はあまり考えられないような)

”有史以来”という時代スパンです。

有史「文字で書かれた記録・文献が存在すること。」

つまり歴史時代です。

それに対して

”先史時代”文献史料を全く欠いている時代。   

といわれます。

一般的に先史時代は未開な野蛮人が石器等を利用して野蛮な生活をしていたという風に認識されています。

教科書の絵等ではだいたい未開人が獲物を追っているような絵ですよね(笑い)。

その先史時代に我々から忘れさられた高度な文明があったというのがハンコックらの説です。

『神々の指紋』を理解するには約2万6000年くらいな時代スパンが必要です。歴史をもっと上から鳥瞰的に見るような感覚です。

また、ある程度、中学レベルで良いと思いますが天体知識、初期の天文学の知識が必要です。

天体の動き、星座、黄道、春分点、方位度、緯度経度、歳差運動。。。

理解を深めるのにプラネタリウムにたまに行くこともお勧めします。
(僕は子供と一緒に、昨年から3回くらい行きました。)

これらがあると非常に楽しくなってきます。

また、私の場合、ブログ活動で飛躍的に基礎知識を向上できました。

自分で情報発信をするという積極的な”行動”は恐らくただ単に情報を受け取っているという受動意識よりも”情報を引き寄せる!”ということに繋がるのではないかと考えています。
(シンクロが増えるような。必要な情報が必要な時に集まってくるような感覚が増えます。)

暫くハンコックの『神々の指紋』の世界を紹介したいと思います。

つづく。。


<ブログを応援・推薦していただける方、下記の松山情報か歴史情報をポチっと !お願いします>
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・古代史へ
にほんブログ村


*********************************************
『伊予のストーンヘンジ』(税込み1680円:p160)が松山市内の3店舗で取り扱いを開始しました。

kami_hon.jpg


★松山市内の取り扱い店舗
 地図参照(太陽マークのところ)

* 明屋書店 メガ平田店(196号線沿い)
* 明屋書店 空港通店
* ジュンク堂松山店(千舟町)
* みつば書店(三杉町:伊予鉄三津駅前)

  (県外)
  * ジュンク堂新宿店 
  * アマゾン

郵送の場合は、直接インターネット経由で松山・白石の鼻巨石群調査委員会のホームページからご注文ください。




-------------------------------------------------------
高性能コンパス

-----------------------------------------

★当ブログは私の個人ブログです。目次ページは以下です。
http://haku1414.blog44.fc2.com/blog-entry-14.html

注:活動資金・資料収集資金を捻出するため広告を多めに表示していますがご了承ください。

★松山・白石の鼻巨石群調査委員会のホームページは以下です。
http://haku1414.web.fc2.com/





スポンサーサイト

tag : ストーンサークル ストーンヘンジ ピラミッド マヤ

コメント

非公開コメント

最新記事
プロフィール

篠澤邦彦

Author:篠澤邦彦
 H20.1月に偶然、通りかかった瞬間に「白石の鼻」の巨石がオーパーツであると直感。その後、集中的に調査・研究し、春分(秋分)、夏至、冬至の二至二分の夕日のラインと巨石群が整列することを実証。秋分の3日前に地元住民等と協力して「秋の夕日の鑑賞会」、12/14に「冬の夕日の鑑賞会」を成功させる。9/27にイワクラミット(神戸)にて研究レポートを報告。歴史研究会12月号「白龍石の謎」が掲載される。現在、「白石の鼻」巨石文化の可能性について研究・情報発信・普及に努めている。
モットー「固定観念をぶっ飛ばせ!」

郷土史研究家
(主に先史時代の巨石文化について探求しています)
全国歴史研究会会員
イワクラ学会会員

カテゴリ
FC2カウンター
★アフィリエイト広告★
★アフィリエイト広告★
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
最新コメント
オリジナル商品
「白石の鼻巨石群」の書籍・ポストカードetc
CM1
【送料・代引手数料無料】【SALE】eTrex Ve

【送料・代引手数料無料】【SALE】eTrex Ve

価格:26,460円(税込、送料込)

CM2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。