スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09冬の夕日の鑑賞会のお知らせ!

 恒例となりました季節の夕日の鑑賞会ですが、本年、最後の冬至に向けて冬の夕日の鑑賞会を行います。振るってご参加ください。

081214.jpg
(2008/12/14 昨年の冬の夕日の鑑賞会の夕日)

 地元松山(高浜)が誇る景勝地「白石の鼻」の巨石群は、素晴らしい景観だけではなく、季節の区切り(春分・秋分・夏至・冬至)には巨大な巨石群に沿って夕日が沈むことを2008年に確認できました。また、本年9月19日にはお陰様を持ちまして初の「白石の鼻巨石群の可能性を探る!」シンポジウムを約60名の参加を得て、成功裏に終えることができました。誠に有難うございます。また、来年度松山市の「重要遺跡確認調査」が計画されており、ますます注目される活動となって来ました。
さて、もう直ぐ冬至ですが、冬至は、太陽高度が最も下がり、日の入りの位置は南限します。弱くなった太陽エネルギーが冬至を境に、再び力強く復活をし始めるのです。古来、冬至は最も大切な日の一つでした。皆様と一緒に、この一年のお日様(大自然)に感謝しつつ美しい夕日を鑑賞したいと思います。現在調査中の最新の観測ポイントも紹介したいと思います。是非、お越し下さい。

        記

● 日時:12月23日(祝日) 15:30~16:30(1時間)雨天中止
● 集合場所:白石龍神社
● 行事内容
・白石龍神社参拝
・現地説明会(新観測ポイントの説明)
・夕日の鑑賞会(境内より夕日を鑑賞します)
● 準備するもの
・防寒着、滑らないような運動靴
・軍手はいりませんが、動きやすい服装
● 問い合わせ先(松山・白石の鼻巨石群調査委員会のホームページ・または高浜公民館まで)http://haku1414.web.fc2.com/ 

※主催:松山・白石の鼻巨石群調査委員会(代表:仲矢文和)
※主任研究員篠澤の自費出版本「伊予のストーンヘンジ」(1600円。P160)や手作りポストカードの販売も行います。収益は今後の調査活動・広報活動に充当させていただきます。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

最新記事
プロフィール

篠澤邦彦

Author:篠澤邦彦
 H20.1月に偶然、通りかかった瞬間に「白石の鼻」の巨石がオーパーツであると直感。その後、集中的に調査・研究し、春分(秋分)、夏至、冬至の二至二分の夕日のラインと巨石群が整列することを実証。秋分の3日前に地元住民等と協力して「秋の夕日の鑑賞会」、12/14に「冬の夕日の鑑賞会」を成功させる。9/27にイワクラミット(神戸)にて研究レポートを報告。歴史研究会12月号「白龍石の謎」が掲載される。現在、「白石の鼻」巨石文化の可能性について研究・情報発信・普及に努めている。
モットー「固定観念をぶっ飛ばせ!」

郷土史研究家
(主に先史時代の巨石文化について探求しています)
全国歴史研究会会員
イワクラ学会会員

カテゴリ
FC2カウンター
★アフィリエイト広告★
★アフィリエイト広告★
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
最新コメント
オリジナル商品
「白石の鼻巨石群」の書籍・ポストカードetc
CM1
【送料・代引手数料無料】【SALE】eTrex Ve

【送料・代引手数料無料】【SALE】eTrex Ve

価格:26,460円(税込、送料込)

CM2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。