スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足摺巨石群見学2

世界最大クラスと言われている唐人駄場ストーンサークル

ashizuri_7.jpg
林の中に巨石群が眠る。

残念なことに、駄場内部にあったフランスのカルナック遺跡に匹敵すると言われていた列石群は、その価値を理解されず地中の中に埋められたり、持ち運ばれました。


ashizuri_8.jpg

唐人石の巨石群を最上部から俯瞰したところ。
テラス上の千畳石は凸状に加工されているようです。

花崗岩の節理に従って直線状に割れたと言う人も多いのですが、割れた片割れは何処にあるのか、まったく見当たりません。^^;;

ashizuri_9.jpg

同じく唐人石の側にある鏡岩、カミソリのように鋭く平滑な断面を持っている。
片割れが見当たりません。(笑い)

風化、浸食だけで説明がつくのか。。

太陽光線に当たるところを注意深く見ると、異常な数の石英?の結晶がキラキラ沢山輝いている。
古代、光を反射できていたのは確実だと思う。

古田史学会の古田氏は縄文灯台という説を唱えているが、個人的にはイワクラ学会会長の渡辺氏の縄文光通信のアイデアに近い考えを持っています。

ashizuri_12.jpg

土佐電鉄が催行していた「唐人駄場遺跡と巨石群&トオルマの夕日」のツアー
小規模ですが、このミステリーゾーンの観光ツアーとしても成立しているようです。

ashizuri_11.jpg

ashizuri_10.jpg

白石の鼻シンポジウムにも来ていただいた谷さんがボランティアガイドをしていたので、一緒に回って説明を聞きました。

有難うございました。


次回はトオルマの夕日を紹介します。

<ブログを応援・推薦していただける方、下記の松山情報か歴史情報をポチっと !お願いします>
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・古代史へ
にほんブログ村

-------------------------------------------------------
高性能コンパス

-----------------------------------------

★当ブログは私の個人ブログです。目次ページは以下です。
http://haku1414.blog44.fc2.com/blog-entry-14.html

注:活動資金・資料収集資金を捻出するため広告を多めに表示していますがご了承ください。

★松山・白石の鼻巨石群調査委員会のホームページは以下です。
http://haku1414.web.fc2.com/





スポンサーサイト

tag : 巨石文明 ストーンヘンジ ストーンサークル ピラミッド マヤ 秋分 春分

コメント

非公開コメント

最新記事
プロフィール

篠澤邦彦

Author:篠澤邦彦
 H20.1月に偶然、通りかかった瞬間に「白石の鼻」の巨石がオーパーツであると直感。その後、集中的に調査・研究し、春分(秋分)、夏至、冬至の二至二分の夕日のラインと巨石群が整列することを実証。秋分の3日前に地元住民等と協力して「秋の夕日の鑑賞会」、12/14に「冬の夕日の鑑賞会」を成功させる。9/27にイワクラミット(神戸)にて研究レポートを報告。歴史研究会12月号「白龍石の謎」が掲載される。現在、「白石の鼻」巨石文化の可能性について研究・情報発信・普及に努めている。
モットー「固定観念をぶっ飛ばせ!」

郷土史研究家
(主に先史時代の巨石文化について探求しています)
全国歴史研究会会員
イワクラ学会会員

カテゴリ
FC2カウンター
★アフィリエイト広告★
★アフィリエイト広告★
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
最新コメント
オリジナル商品
「白石の鼻巨石群」の書籍・ポストカードetc
CM1
【送料・代引手数料無料】【SALE】eTrex Ve

【送料・代引手数料無料】【SALE】eTrex Ve

価格:26,460円(税込、送料込)

CM2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。