スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「鼻巨石」が松山城石垣の石切り場だった?

9月24日、松山市議会で中西智議員が質問した白石の鼻巨石群の調査・保全、市民団体(松山・白石の鼻巨石群調査委員会)の支援について市教育委員会事務局長が答弁した内容について、あいテレビが以下のように報道しました。

----------あいテレビ ニュースキャッチあい 090924-------------

松山市高浜にある、通称「白石の鼻巨石群」が、これまで不明とされている松山城石垣の石切場だった可能性が浮上し、来年度から確認調査を行なうことが、きょうの市議会で報告されました。

白石の鼻海岸周辺にある巨石遺構群では、郷土史研究家の篠澤邦彦さんらの調査で、石を切り出す際に付く矢穴と見られる痕跡が去年の夏までに見つかっていました、これについて市が専門家などと検討した結果、江戸時代ごろの石切り場と見られる事から、この巨石群が松山城の石垣石の石切場だった可能性が浮上しました。

松山城の石垣石の切り出し地はこれまで不明で、市の担当者は、「可能性が高いとまではいえないが、ようやく当てが出来た」と話しています。

市では国と協議しながら来年度にも「重要遺跡確認調査」に着手しますが、仮に石切丁場と判明すれば、国の史跡や県や市の重要文化財指定の可能性もあるという事です。

http://www.itv-ehime.co.jp/catch/news_detail.php?date=20090924&no=0004

----------------------------------------------------

当方が白石の鼻巨石群についてその可能性を指摘していたものは大きく言うと2点あり、4月、8月に松山市役記者クラブに資料提供した内容にも記述しております。

①古代の天体観測施設
(縄文時代と推定)

②中世・近世の石切丁場


②については昨年夏の段階で市重要文化財クラスであるということは、実は認識しており、各機関、マスコミ等にも連絡はしました。^^;;

市議会にもようやく、取り上げられた訳ですが。。

しか~し。

僕の本当のターゲットとは。。

当然、①の「古代の天体観測施設」であるということ。

この探求を今後も続けて行きます。^^



<ブログを応援・推薦していただける方、下記の松山情報か歴史情報をポチっと !お願いします>
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・古代史へ
にほんブログ村

-------------------------------------------------------

アートフォトフレーム》ストーンヘンジPart2(撮影地:ソールズベリ近郊/イギリス)


----------------------------------------
★当ブログは私の個人ブログです。目次ページは以下です。
http://haku1414.blog44.fc2.com/blog-entry-14.html

注:活動資金・資料収集資金を捻出するため広告を多めに表示していますがご了承ください。

★松山・白石の鼻巨石群調査委員会のホームページは以下です。
http://haku1414.web.fc2.com/





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

最新記事
プロフィール

篠澤邦彦

Author:篠澤邦彦
 H20.1月に偶然、通りかかった瞬間に「白石の鼻」の巨石がオーパーツであると直感。その後、集中的に調査・研究し、春分(秋分)、夏至、冬至の二至二分の夕日のラインと巨石群が整列することを実証。秋分の3日前に地元住民等と協力して「秋の夕日の鑑賞会」、12/14に「冬の夕日の鑑賞会」を成功させる。9/27にイワクラミット(神戸)にて研究レポートを報告。歴史研究会12月号「白龍石の謎」が掲載される。現在、「白石の鼻」巨石文化の可能性について研究・情報発信・普及に努めている。
モットー「固定観念をぶっ飛ばせ!」

郷土史研究家
(主に先史時代の巨石文化について探求しています)
全国歴史研究会会員
イワクラ学会会員

カテゴリ
FC2カウンター
★アフィリエイト広告★
★アフィリエイト広告★
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
最新コメント
オリジナル商品
「白石の鼻巨石群」の書籍・ポストカードetc
CM1
【送料・代引手数料無料】【SALE】eTrex Ve

【送料・代引手数料無料】【SALE】eTrex Ve

価格:26,460円(税込、送料込)

CM2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。