スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エルサレムで3700年前の巨石の壁が発掘

エルサレム(CNN)で3700年前の巨石の壁が発掘されました。


----------------CNN 090905---------------------
CNN200909050020.jpg

エルサレム(CNN) イスラエルのエルサレム旧市街地内で、巨石を組み合わせて作られた高さ約8メートルの壁が発掘された。エルサレム旧市街地内で見つかった中でも最大級の壁で、約3700年前にカナン人が作ったと考えられているが、どうやって巨石を積み上げたのか分からないという。

イスラエル考古庁によると、壁は泉に続く道を守るために作られたと考えられるという。発掘された部分は約24メートルだが、さらに続いている様子で、当時はこれ以上の長さがあったと見られる。

壁を構成する巨石の重さは1個あたり4─5トン現代では重機がなければ持ち上げられない大きさと重さで、電気も重機もない時代に、古代の人々がどのような方法で積み上げたのか、まったく分からないとしている。

----------------------------------------------

イスラエルの考古学者は正直ですね(笑)。

「巨石の壁をどう構築したかは判らない」。。。けど、人工物だと。

3700年前、日本で言うと縄文時代晩期ですね。

それよりかなり以前から構築手段は判らないが、世界的に地球規模で、巨石を扱える文化・技術があったと考えるほうが偶然の産物とすませるよりは論理的だと思う。

白石の鼻に限らずこういった未知のもに対する考察には、専門家の意見は、第三者の意見として真摯に聞いても、最終判断は自分の直感と、自らの思考で答えを出すのが良いと思う。

僕はそうしたい。(大笑い)



<ブログを応援・推薦していただける方、下記の松山情報か歴史情報をポチっと !お願いします>
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・古代史へ
にほんブログ村

-------------------------------------------------------

アートフォトフレーム》ストーンヘンジPart2(撮影地:ソールズベリ近郊/イギリス)


----------------------------------------
★当ブログは私の個人ブログです。目次ページは以下です。
http://haku1414.blog44.fc2.com/blog-entry-14.html

注:活動資金・資料収集資金を捻出するため広告を多めに表示していますがご了承ください。

★松山・白石の鼻巨石群調査委員会のホームページは以下です。
http://haku1414.web.fc2.com/





スポンサーサイト

金山巨石群の観測会の報道!

いつもアドバイスいただいている「金山巨石群」の秋分の観測会の様子が連日、報道されています。

また、米国先住民のポピ族も太陽信仰の儀式に訪れたとのこと。。

古代(現代もですが)、太陽は最大の恵みを地球にもたらしました。

それに感謝し、畏怖の念をもって信仰し、恵みの周期を観測するのは、ごくごく自然なことなのではないでしょうか?

----------中日新聞_090922--------------

太古の人々、太陽光で暦知る 下呂・遺跡で観測会
PK2009092202100072_size0.jpg

古代人が暦を知るために、太陽光を観測したとされる下呂市金山町の岩屋岩蔭遺跡(県史跡)の巨石群で21日、「秋分のころの太陽観測会」が始まった。天文学ファンらが、巨大な石組みのすき間から差し込む細長い太陽光に感激、いにしえに思いをはせた。

 巨石群は、地元の金山巨石群調査資料室が十数年前から調査を続けている。2000年以上前に造られ、巨石内に差し込む太陽光の動きから夏至や冬至、1年間の日数、うるう年を特定したとされる。

 同資料室の徳田紫穂調査員が、巨石内の仕組みや太陽のスポット光(細長い光)が移動する様子を見せながら「金山の山中で、太陽の方位と高度を調べて暦を知った。古代人の知恵です」などと説明。名古屋市の男性会社員(37)は「こんなにすごい光を見られるなんて。古代人はすごい」と感動していた。
http://www.chunichi.co.jp/article/gifu/20090922/CK2009092202000021.html
---------------------------------------------------

----------------岐阜新聞_090922--------------------

200909220836_8896.jpg

下呂市金山町岩屋の「金山巨石群」で、秋分の太陽観測会が21日から始まり、多くの人が巨石の間の狭いすき間から差し込むスポット光を観測した。22日は日照がなければ中止、23日(秋分の日)は曇りでも説明会がある。

 「金山巨石群」は、県史跡の岩屋岩蔭遺跡と周辺2カ所の巨石群の総称。地元の天文ファンらが太陽運行で暦を知る推定3000~2000年前の天文台とみて、10年余り前から金山巨石群調査資料室を設けて研究を重ね、うるう年を知る仕組みまで解明されている。

 この日、南に開かれた同遺跡巨石群内に午前9時30分ごろから昼すぎまで、3つの巨石のわずかなすき間から差し込むスポット光を訪れた人々が見学。同資料室の徳田紫穂さんが「方位と高度で暦を知る、世界に例の無い山の古代天文台」として世界の研究者の関心が高まっていることや、実際に暦を知る仕組みなどを解説した。
http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20090922/200909220836_8896.shtml
----------------------------------------------------


<ブログを応援・推薦していただける方、下記の松山情報か歴史情報をポチっと !お願いします>
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・古代史へ
にほんブログ村

-------------------------------------------------------

アートフォトフレーム》ストーンヘンジPart2(撮影地:ソールズベリ近郊/イギリス)


----------------------------------------
★当ブログは私の個人ブログです。目次ページは以下です。
http://haku1414.blog44.fc2.com/blog-entry-14.html

注:活動資金・資料収集資金を捻出するため広告を多めに表示していますがご了承ください。

★松山・白石の鼻巨石群調査委員会のホームページは以下です。
http://haku1414.web.fc2.com/





愛媛新聞9月25日号に掲載!

愛媛新聞の9月25日づけ地方版(P9)に掲載されました。


地質学者等の反対意見や愛媛考古学研究所所長の民俗学的な視点もコメントで取り上げられています。

白石の鼻一体の巨石群は、既存の一分野の学問体系に収まるようなものではなく”とてつもない価値”が内在されているでしょう。

その全体解明には地質学はもちろん天文学、考古学、歴史学、民俗学、文献史学、宗教学などなど多面的な方向からのアプローチが必要でしょう。


おりしも、同じページに松山市議会で中西智先生が質問した白石の鼻巨石群についての調査・保全等について質問された内容の一部抜粋が掲載されています。

市教育委員会も江戸時代の石切丁場として、「重要遺跡確認調査」に来年度より本格的に入ります。


各分野の専門家の参加を切に望みます。



<ブログを応援・推薦していただける方、下記の松山情報か歴史情報をポチっと !お願いします>
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・古代史へ
にほんブログ村

-------------------------------------------------------

アートフォトフレーム》ストーンヘンジPart2(撮影地:ソールズベリ近郊/イギリス)


----------------------------------------
★当ブログは私の個人ブログです。目次ページは以下です。
http://haku1414.blog44.fc2.com/blog-entry-14.html

注:活動資金・資料収集資金を捻出するため広告を多めに表示していますがご了承ください。

★松山・白石の鼻巨石群調査委員会のホームページは以下です。
http://haku1414.web.fc2.com/





最新記事
プロフィール

篠澤邦彦

Author:篠澤邦彦
 H20.1月に偶然、通りかかった瞬間に「白石の鼻」の巨石がオーパーツであると直感。その後、集中的に調査・研究し、春分(秋分)、夏至、冬至の二至二分の夕日のラインと巨石群が整列することを実証。秋分の3日前に地元住民等と協力して「秋の夕日の鑑賞会」、12/14に「冬の夕日の鑑賞会」を成功させる。9/27にイワクラミット(神戸)にて研究レポートを報告。歴史研究会12月号「白龍石の謎」が掲載される。現在、「白石の鼻」巨石文化の可能性について研究・情報発信・普及に努めている。
モットー「固定観念をぶっ飛ばせ!」

郷土史研究家
(主に先史時代の巨石文化について探求しています)
全国歴史研究会会員
イワクラ学会会員

カテゴリ
FC2カウンター
★アフィリエイト広告★
★アフィリエイト広告★
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
最新コメント
オリジナル商品
「白石の鼻巨石群」の書籍・ポストカードetc
CM1
【送料・代引手数料無料】【SALE】eTrex Ve

【送料・代引手数料無料】【SALE】eTrex Ve

価格:26,460円(税込、送料込)

CM2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。