スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「宮前文化遺跡を守る会」勉強会を実施!

(※リンクはトップページの「白石の鼻」研究レポート 目次に張って下さるようお願いします。) 

推奨記事 ★秋の夕日の鑑賞会 9月20日報告!

------------本日の記事はここから----------------

2/21に「宮前文化遺跡を守る会(中西智会長)」で勉強会を実施しました。

「白石の鼻の巨石遺構」についてその天体観測施設としての可能性を写真や図、ビデオを用いながら60分程、説明しました。

江戸時代の古文書「伊予古蹟志」の解釈や
新たに調査・研究している日本神話との関わり

なども説明しました。

会の方から、新たに伺った話によると。。


・「白石の鼻の龍神社と興居島の祠を大蛇が行き来している」と子供の頃に祖父から話を聞いたことがある。
(年齢から考えててお爺さんはは江戸時代うまれくらいか?)
・白石の鼻周辺は暗礁が多く、漁船のプロペラをやられた。
(今も昔も、海の難所です。)


恐らく祠というのは、興居島の岩神神社のことだと思います。
大蛇(龍)が行き来しているというのは朝日、夕日の太陽光が海に反射している様子ではないでしょうか?

とすると、龍神社の真西に岩上神社の場所が重要ですね。
今度、興居島に渡ってみたいと思います。


上記のように私の対応できる範囲で、「白石の鼻の巨石遺構」の語り部活動を実施しています。

ご希望の方はメールフォームからご連絡ください。

(ビデオを閲覧している様子)
s_2009_0221_宮前2
※プライバシーに配慮し画像は縮小サイズにしています。

s_2009_0221_宮前1



<研究活動支援のお願い
鑑賞会の周知や勉強会の開催など、地域のいろんな方に様々な形でご支援をいただいています。
ブログの趣旨にご賛同いただけ、研究活動をご支援いただける方は、右のアフィリエイト広告を1クリックしていただけるとうれしいです。3~4円になります。情報収集、情報発信など研究活動資金に使わせていただきます。
m(_ _)m






スポンサーサイト

テーマ : 歴史大好き!
ジャンル : 学問・文化・芸術

冨士山の座禅石

(※リンクはトップページの「白石の鼻」研究レポート 目次に張って下さるようお願いします。) 

推奨記事 ★秋の夕日の鑑賞会 9月20日報告!

------------本日の記事はここから----------------

大洲の冨士山の頂上に座禅石という巨石があります。

座禅石2


座禅石3


この巨石は約2000年前に、冨士山の頂上に先人が運んだものでは? とされています。
巨石自体は比較的小さいですが、それでも重量はかなりあるでしょう。

祭祀の跡、イワクラであろうというのは判るのですが、当時、どんな方法で、何に使ったのかというのは全く不明なのです。

座禅石1




2000年前というと卑弥呼の時代より200年以上前です。

当時の技術力で”どのように運んだのか?”は全く判らないということなのですが、大洲市教育委員会は良心的だと思います。

判らないから無い”のではなく”判らないけど確かに存在していた”ということを素直に認めることから真理の探求は始まるのではないでしょうか?

生名村の巨石も島では産出しない数10トンの巨石が立石しています。

一体、瀬戸内海地方にどんな文明がどんな技術力を持っていたのか考えるとワクワクしますね(笑)。

愛媛にも一般には知られていない不思議な場所は沢山あるのです。

<研究活動支援のお願い
鑑賞会の周知や勉強会の開催など、地域のいろんな方に様々な形でご支援をいただいています。
ブログの趣旨にご賛同いただけ、研究活動をご支援いただける方は、右のアフィリエイト広告を1クリックしていただけるとうれしいです。3~4円になります。情報収集、情報発信など研究活動資金に使わせていただきます。
m(_ _)m









テーマ : 歴史大好き!
ジャンル : 学問・文化・芸術

深層心理では気づいている

(※リンクはトップページの「白石の鼻」研究レポート 目次に張って下さるようお願いします。) 

推奨記事 ★秋の夕日の鑑賞会 9月20日報告!

------------本日の記事はここから----------------

「白石の鼻」の巨石群の(人工的な)不思議な光景と景観の素晴らしさについては、実は、みなさん深層心理では気づいてると思います。

ブログやホームページを少し拾い読みしても読み取れます。

-------------ネットから------------------

「松山港の近くの白石の鼻です。岬になっていますが大きな石がこのように積み重なっています。どうして出来たか、ネットで見てみましたが分かりませんでした。」


「松山市内から高浜観光港を通過し、少し行くと「白石の鼻」があり、人為的に??積まれた大きな石が手前と沖合いに。。何のために?どうして?不思議な光景です。」

「観光客の来ない隠れた景勝地 白石の鼻です。松山市高浜町 松山観光港近くの海岸です。
海に突き出た岸壁にお社、沖20mくらいのところに巨石が無造作に重なっています。
自然のいたずらでしょうけど、古代の巨石文明のなごりといっても納得してしまいそうです。」


「車で走ってる途中、きれいなプライベートビーチ。。ヒトデが落ちてた。。
瀬戸内海の海は、透き通っていて、砂浜がみえる。こんな海でサーフィンできたら、なんて素敵だろうぴかぴか(新しい)」

etc ・・・・

----------------------------------------------

 何となく潜在意識では気づいているけど、周りの「学術的に言うと・・」「科学的に言うと・・」「学会の権威者は・・」という言葉や固定観念に、それ以上の探求を邪魔されるのだと思います。


素直に感じたままに見れば、それで良いと思いますよ。(^^)/~~


p.s.
現在、電子出版の準備中です。2/21に地区の文化団体と勉強会を実施します。
春分頃の夕日の鑑賞会も別途、企画したいと思います。

<研究活動支援のお願い>
鑑賞会の周知や勉強会の開催など、地域のいろんな方に様々な形でご支援をいただいています。
ブログの趣旨にご賛同いただけ、研究活動をご支援いただける方は、右のアフィリエイト広告を1クリックしていただけるとうれしいです。3~4円になります。情報収集、情報発信など研究活動資金に使わせていただきます。
m(_ _)m







テーマ : 歴史大好き!
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
プロフィール

篠澤邦彦

Author:篠澤邦彦
 H20.1月に偶然、通りかかった瞬間に「白石の鼻」の巨石がオーパーツであると直感。その後、集中的に調査・研究し、春分(秋分)、夏至、冬至の二至二分の夕日のラインと巨石群が整列することを実証。秋分の3日前に地元住民等と協力して「秋の夕日の鑑賞会」、12/14に「冬の夕日の鑑賞会」を成功させる。9/27にイワクラミット(神戸)にて研究レポートを報告。歴史研究会12月号「白龍石の謎」が掲載される。現在、「白石の鼻」巨石文化の可能性について研究・情報発信・普及に努めている。
モットー「固定観念をぶっ飛ばせ!」

郷土史研究家
(主に先史時代の巨石文化について探求しています)
全国歴史研究会会員
イワクラ学会会員

カテゴリ
FC2カウンター
★アフィリエイト広告★
★アフィリエイト広告★
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
最新コメント
オリジナル商品
「白石の鼻巨石群」の書籍・ポストカードetc
CM1
【送料・代引手数料無料】【SALE】eTrex Ve

【送料・代引手数料無料】【SALE】eTrex Ve

価格:26,460円(税込、送料込)

CM2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。