スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イワクラサミット参加報告!

(※リンクはトップページの「白石の鼻」研究レポート 目次に張って下さるようお願いします。) 


9/27~28の日程で神戸で第8回全国大会 イワクラサミットに参加してきまして、無事、全国の巨石文化の研究者に「白石の鼻の巨石遺構」について”その存在”を発表することができました。

発表の機会をいただき準備他、サポートをしていただいたイワクラ学会、NPO古代遺跡研究所のみなさんどうもありがとうございました。

とても刺激に満ちて楽しい全国大会でした。

感想などを少し書きたいと思います。

大会は思っていたよりかなり大掛かりで、来賓挨拶には、兵庫県教育委員会文化財保護室長がこられたり懇親会には灘の酒造り唄保存会の皆さん、阪神が毎年必勝祈願する広田神社宮司が挨拶されたり賑やかに歓談しました。

灘の酒


基調講演をされた古代遺跡研究所所長の中島先生の話からは、「国境が無かった頃の世界観、自然感、宗教観はどういったものだったのだろうか?」という問いかけが印象に残っりました。

また、イワクラは中心となる神の依り代としての磐座に神域を著す、磐境が存在する。
実際、六甲山の磐座は広大な範囲に散在しており、磐境は相当広大でした。

白石の鼻の白龍石がご神体としたら、磐境はどの程度にあるのか?まだまだ不明です。
(白石龍神社の元宮の位置も調べないといけないと考えている。)

 地中探査研究所長の渡辺さんには、「もっと岩石や地質についての客観的な事実を調査して」など具体的なアドバイスをいただいた。
 ペルーの黄金伝説で有名なシカン文明の発掘に中心となって活躍したり、エジプトの王家の谷などの調査にも携わった地中探査の世界的なエキスパートで、休憩時間等に伺ったエピソードは面白すぎて(笑い)、凄すぎて圧倒されました。

やっぱり、人間、胆力が大切だと実感。
(しかし、肝っ玉が太すぎです。^^;;;)

そして、パソコンを貸していただいた●●さん。どうもありがとうございました。m(_ _)m 助かりました。
街づくりの新たなデザインの「入らずの森」構想など刺激を受けました。

その他、高知の土佐清水の足摺巨石文化研究会の方と知り合いになれて良かったです。
唐人駄場、足摺トオルマ洞門にも今年度中には行きたいと思います。今からなら来年の春分あたりですかね。。
研究会のメンバーが50名も居るとのことで羨ましい限りです。組織化の必要性を痛感しました。

まだまだ、「白石の鼻」については研究・探求して行かないといけないと思っています。
やるべきことは沢山ありますが、少しづつ形にして行きます。

その他、ツアーのバスの中でそれぞれの分野の薀蓄を沢山聞かせていただいた大勢の方々(笑い)、どうもありがとうございました。(^^)/~

三国岩
(三国岩)

天照


天の穂日
(天の穂日の神の磐座)

スポンサーサイト

テーマ : 歴史大好き!
ジャンル : 学問・文化・芸術

イワクラサミットへ参加します。


9/27に神戸で行われるイワクラサミット2008に参加し、「白石の鼻の巨石遺構の研究レポート」について発表します。
私がもらった持ち時間は15分という短時間ですが、全国に向けては初となる「白石の鼻の巨石文化の可能性について」、日本トップクラスの研究者に発表し、ご意見等を頂こうと考えています。

イワクラ学会は、全国の巨石文化の研究者や、愛好者を中心に約160名の団体で、毎年サミットやフォーラムを行っています。

イワクラサミット2008は西宮にあるNPO法人古代遺跡研究所も共催です。所長は桜美林大学や京都精華大学、中央大学で教職をされた中島和子先生です。

後援団体として、兵庫県教育委員会と西宮市が後援しております。

基調講演は
1.磐座学の確立を目指して 中島和子(NPO 古代遺跡研究所所長)
2.日本とアンデスに見る石の文化の共通性 渡辺広勝(地球探査研究所長)

・研究発表が私を含めて6名ほどいるようです。

詳細はリンクのイワクラ学会から見てください。

先日、レジュメも送付しました。
愛媛からの初の情報発信となりますので、頑張ります。p(^^)q

(※リンクはトップページの「白石の鼻」研究レポート 目次に張って下さるようお願いします。)

テーマ : 歴史大好き!
ジャンル : 学問・文化・芸術

★夕日の鑑賞会 9月20日報告!★

夕日の鑑賞会、ご参加、ありがとうございました。

心配された台風も四国は早めに通過し、昨日は快晴の中「白石の鼻 夕日の鑑賞会」を開催しました。

単なる民間の一個人の主催した鑑賞会に沢山の地元の皆様のご参加、誠にありがとうございました。
また、心配で?(笑い)、手伝ってくれたI君はじめ遠方からお越しいただいた方々、同僚のU君どうもありがとうございました。

途中、飛び入り参加をしていただいた方等も含め20名は超えていたと思います。

当日は、快晴に恵まれこの「素晴らしい天体現象」をみなさんと一緒に楽しむことができました。

感謝に耐えません。

当日の様子などを報告させていただき、お礼に替えさせていただきます。

有難う御座いました。

9/21 篠澤邦彦

-------------当日の様子----------------------------
(写真は個人が特定できないように縮小サイズもしくは背面より撮影しています。)

・白石龍神社 境内で参拝後
 白龍石を支える構造、石組みについて説明しました。
 夏至のラインについて実物と写真で説明しました。
 亀石の形状(親亀、小亀)について説明しました。

・観測台付近で白龍石に空洞が空いていることを説明しました。
 春分・秋分のラインについて説明しました。
 様々なところにある謎の線刻(岩石群に刻まれているライン)について説明ました。
 江戸時代の歴史書での記述について説明しました。
 
・白龍石に日没前の日の入りが貫通し海面を反射する現象を観察しました。


(日の入りの様子の動画)


夕日の鑑賞会1
(観測台付近で日の入りを待つ参加者)


夕日の鑑賞会2
(夕日が白龍石を貫通する様子を観察する参加者)

(※)参加者からの情報
(伝承等お知らせいただくとありがたいです。)
・白龍石には昔、祠が立っていた。
・白龍石には大きな亀が住んでいると伝えられていた。
実際、昔は海亀を良く見かけた。
・近辺は波が激しいので泳いだら行けないと言われていた。


夕日の鑑賞会3


夕日の鑑賞会4


夕日の鑑賞会5
(うれしいハプニング。神の使いか?)

参加者の方に教えていただいたのですが、終了間際、一羽の鷺が白龍石の空洞を通過し、近くの石に止まったとのこと。(通過したところは私は見れなかったんですが)

実は愛媛が全国に誇る大山祇神社(大三島神社)の神の使いとされているのは鷺(サギ)なのです。
(参考:http://jinja-kikou.net/bunreibunsya.html

白石龍神社は勝岡神社の末社であり、勝岡神社の祭神は小千命(オチノミコト)です。
小千命(越智氏の祖先)は大山祇神社を創建された氏族なのです。

江戸時代の学者、野田石陽(1775-1827)が著した書籍には「瑞正中」(春分・秋分の日に瑞兆が現れる)と表現しました。

確かに、みんなの前に瑞兆が現れました。(笑い)

ご参加された皆様、本当にありがとうございました。

p.s.ブログを閲覧されている方も、コメントいただけると記事を書く励みになります。

(※リンクは「白石の鼻」研究レポート 目次に張って下さるようお願いします。)

テーマ : 歴史大好き!
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
プロフィール

篠澤邦彦

Author:篠澤邦彦
 H20.1月に偶然、通りかかった瞬間に「白石の鼻」の巨石がオーパーツであると直感。その後、集中的に調査・研究し、春分(秋分)、夏至、冬至の二至二分の夕日のラインと巨石群が整列することを実証。秋分の3日前に地元住民等と協力して「秋の夕日の鑑賞会」、12/14に「冬の夕日の鑑賞会」を成功させる。9/27にイワクラミット(神戸)にて研究レポートを報告。歴史研究会12月号「白龍石の謎」が掲載される。現在、「白石の鼻」巨石文化の可能性について研究・情報発信・普及に努めている。
モットー「固定観念をぶっ飛ばせ!」

郷土史研究家
(主に先史時代の巨石文化について探求しています)
全国歴史研究会会員
イワクラ学会会員

カテゴリ
FC2カウンター
★アフィリエイト広告★
★アフィリエイト広告★
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
最新コメント
オリジナル商品
「白石の鼻巨石群」の書籍・ポストカードetc
CM1
【送料・代引手数料無料】【SALE】eTrex Ve

【送料・代引手数料無料】【SALE】eTrex Ve

価格:26,460円(税込、送料込)

CM2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。